目黒 歯医者/歯科|堀江歯科クリニック 目黒駅徒歩1分 Rotating Header Image

子供たちの白い歯を守ろう!

健康な大人の歯は、子供のうちにつくられると言っても過言ではありません。

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。

大人(主に保護者)からの経口感染で子供にうつるのです。‘‘箸やスプーンなどの共有はしない’’と言われているのは菌がうつるからなのです!

「3歳までに虫歯にならなければその後も虫歯になりにくい」と言われていますが、子供を取りまく環境は成長するにつれてめまぐるしく変わりますよね。

虫歯や歯周病は生活習慣病なので、子供が大きくなる中で大人の目も行き届かなくなると虫歯になる可能性が高くなります。

また、乳歯は永久歯と比べて歯の表面が粗造なために歯垢もつきやすい特徴があります。

その中で子供たちの白い歯を守るためには大きくなってから慌ててケアするのではなく、大人が手をかけられるうちに出来る限り歯を守る準備をしておくことが大切ですね!

 

では、どの様な準備が必要なのでしょうか…

 

① 大人が仕上げ磨きの際フロスも使い、ホームケアをしっかり行う。

② フッ素やキシリトールなどを取り入れて歯質の強化。

③ 歯科衛生士による定期的なプロフェッショナルケア予防処置

高濃度フッ素の定期塗布(3か月に1度)・ シーラント処置

④ 子供自身が上手に歯磨き&フロスが出来るようになるまで歯科衛生士が

歯磨きレッスンをサポートする。

 

乳歯はある程度の年数で抜けてしまいますが、永久歯は文字通り永久に使います。

健康な永久歯を育てるには、乳歯の頃から将来に向けた早めのケアが必要です。

親の手を離れても、自分で健康な永久歯を守れるようになるために(*^-^*)

231

 

 

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 予防歯科