目黒 歯医者/歯科|堀江歯科クリニック 目黒駅徒歩1分 Rotating Header Image

カテゴリ: 虫歯

虫歯になりやすい人と、虫歯になりにくい人

ミュータンス菌や乳酸菌は虫歯になる原因菌として良く知られています。

口の中にはこれらの虫歯菌が住み着いています。特に食事やおやつの後は虫歯菌が大喜びで活躍し、酸をつくります。

しかし、人によって虫歯菌の酸を作る強さが違います。酸を作る強さが強い人ほど虫歯になりやすいと言うことです。虫歯菌が虫歯を作ろうとする力アタックパワーと呼びます。

お口の中では食事のたびに脱灰と再石灰化が繰り返されています。脱灰する力が再石灰化の力より勝れば、歯は次第に脱灰が進み柔らかくなり、穴(う窩)が出来てしまいます。

では、アタックパワーが強くなる原因は何でしょうか。

主な原因としては、酸性の食事や飲み物を頻繁に摂取していることがあげられます。摂取する量よりは、摂取回数が重要です。例えば、ジュースやソーダを1日にグラス1杯飲んでも問題はありませんが、1日を通して56回ちびちびとのんでいると問題があります。

特に柑橘系のジュースは滴定酸度(酸性度、水素イオンの量、または水酸化ナトリウムなどの溶液で中和するのに必要な量)が高く、中和するのにはより多くの唾液が必要になります。

その他にも何らかの原因で唾液が出にくくなるとアタックパワーが強まります。例えば、薬の副作用で起こる事はよくあります。

歯肉が退縮して、歯の根の部位(歯根面)が露出している場合、アタックパワーが強いとその部位はさらに虫歯になりやすいです。なぜならば、歯の根の部位(歯根面)はセメント質と言う、エナメル質よりも柔らかい組織だからです。もともとは、歯肉に覆われて守られている場所ですが、強いブラッシング圧がかかったり、かみ合わせで負担がかかると歯肉退縮が起こり露出する事は多々あります。的確なブラッシングと、フッ素などでのケアがとても重要で効果的です。

 

 

人の唾液は、口の中の酸を中和し、虫歯菌から歯を守ろうとします。しかし唾液が酸を中和し、歯を守ろうとする力も人によって差があります。この酸を中和し、歯を守ろうとする力ディフェンスパワーと呼びます。

これは、率直に唾液の分泌量が少ないとディフェンスパワーは弱くなります。日頃から食べ物は良く噛んで唾液の分泌を促していくと効果的です。

また、ストレスやプレッシャーも過剰に感じていると、唾液の分泌が減少する原因になります。現代社会、多かれ少なかれ誰でもストレスを感じていると思います。なので、ストレスも上手に発散してため込まない事はとても大切ですね。

 

自分は虫歯になりやすい人かな?虫歯になりにくい人かな?と心配な方や気になっている方は、是非ご相談下さい。

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 予防歯科, 虫歯

虫歯の病因 ④遺伝

虫歯は遺伝性疾患なのでしょうか。

答えは、いろいろな意味で遺伝性疾患です。

まず、親から子供へ食事やお口のケアに関する習慣が伝わり、歯やお口の健康管理に対する考え方なども子供達は知らず知らずのうちに学んでいると思います。

さらに、親が同じスプーンや箸で子供に食事を与えることで親の保有する虫歯菌が伝播する事からもそう言えます。

ただこれは生活習慣の事です。今回は虫歯への感受性が遺伝子的に直接どのように遺伝するかについてお話ししたいと思います。

近年の虫歯研究により、虫歯への感受性、すなわち虫歯リスクは実際に遺伝子によってもコントロールされていることがわかってきました。

昔、行われたある研究で、数年間に渡って甘い物を食べ続けても虫歯を発症しなかった人がいる一方で、糖類の摂取を止めても虫歯を発症し続けた人もいました。

すなわち、遺伝的要因でほとんど虫歯の感受性がない人達がいる一方で、その逆の人達もいます。それは同じく遺伝的要因で、虫歯に罹患しやすいということです。

では、実際にお口の中でどのような事が起こっているのでしょうか。

ここからは少し掘り下げた話しになりますね(*_*;

遺伝子は歯面に蓄積するバイオフィルム、つまり歯垢の組成をコントロールすることから虫歯の罹患のしやすさに影響を及ぼしています。

バイオフィルムは歯面から約10ミクロンの厚さのところでは、主に唾液タンパク質、いわゆるプロリンに富むタンパク質であるPRPタンパク質で構成されています。例えば、PRPタンパク質は歯面に定着する虫歯の誘発性または非誘発性の微生物のどちらが優勢になるかどうかに影響しています。

すなわち、虫歯遺伝子は、虫歯細菌に容易に付着する唾液タンパク質をコードしているという事です。しかし、虫歯をほとんど持っていない人達には、異形タンパク質をコードする遺伝子があることから、善玉細菌が付着するのです。

この様に、遺伝的要因で虫歯になりやすいとしても決してあきらめないで下さいね。

どうしても虫歯リスクは高いとしても、上手にコントロールする事によって虫歯は予防ができる疾患です。

他の人達よりも食事回数や食事の内容にも気をつけたり、定期的に専門家によるメンテナンスを受けることや、セルフケアに気をつけることでリスクを軽減する事は可能です。

毎日の生活習慣なので、確かに大変ではあると思います。

ただ、一人でやるのでは決してありません。歯科医師・歯科衛生士がしっかりとサポートさせていただきますので、共に頑張りましょう!(^^)!

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 虫歯

虫歯の病因 ③唾液

唾液は口腔環境のバランスを維持するためにとても重要です。

唾液の働きは主に

食物残渣を洗い流すこと

歯を再石灰化すること

口腔粘膜を円滑にすること

・お口の中に微生物が大量に定着するのを防ぐこと

この唾液の働きが弱くなると、お口の中は大変なことになります。日頃から良く噛んで唾液の分泌を促して下さいね。

 

では、唾液は1日にどの位分泌されるのでしょうか。

およそ、0.7リットルから1.5リットル産生されます。唾液の分泌量と唾液組成はお口の中の活動によって変化し、安静にしている時と咀嚼している時とは異なります。

 

そこで、唾液はどの様な成分で構成されているのでしょう。

唾液は99.5%が水分でできています。その他0.5%の構成成分は、主にタンパク質・糖タンパク質・無機質です。

0.5%の中の過飽和カルシウム塩が歯石として沈着します。(縁上歯石)特に唾液腺の開口部付近の上奥歯の左右頬側と下前歯の舌側に歯石がたまりやすいのです。

重要な緩衝システムとして働いているのが、唾液中の炭酸水素イオンHCO₃です。

炭酸水素イオンHCO₃は、虫歯細菌が酸を産生する時や酸っぱい物を食べる時など、酸が加わると緩衝作用をします。

 

先ほどお話しをした唾液の分泌で、安静にしている時と咀嚼している時とは異なります。

安静時唾液とは、睡眠中など刺激のない状態で分泌される唾液です。

刺激唾液とは、咀嚼によって、また酸味や甘味によって分泌される唾液です。

そして安静時唾液と刺激唾液は成分が違います。刺激唾液は食べ物をスムーズに取り込んだりお口から排除したりするのに適しており、サラサラで流れが良い唾液です。安静時唾液よりお口の中の酸化を防いでくれます。

一方、安静時唾液はムチンとタンパク質をより多く含んでいます。

唾液量はとても重要です。目安は

安静時唾液

・正常:>0.25ml/分

・少ない:<0.1ml/分

刺激唾液

・正常:>1ml/分

・少ない:<0.7ml/分

唾液量が気になる時は、クリニックで検査が出来ます。お気軽にお問い合わせください。

 

ドライマウスについてです。

口腔乾燥症と唾液減少症があります。

まず、口腔乾燥症は主観的な口の渇きを意味します。唾液の分泌量が減少しているか否かは関係がありません。

それに対して唾液減少症は、客観的に唾液の産生に障害が起こり、唾液分泌量が安静時唾液で0.1ml/分、刺激唾液で0.7ml/分を下回る場合をいいます。

唾液分泌量が減少すると、虫歯のリスクと口腔カンジダ症などの感染症のリスクが急激に上がります。

ドライマウスは年齢と共に増えますが、それよりも関係があるのは全身疾患と投薬内容です。

唾液分泌量はいくつかの因子・状態・疾患に影響を受けます。

ドライマウスの原因例

・薬の副作用

・シェーグレン症候群、またはその他の唾液腺疾患

・放射線治療

・感染

・乾燥

・心因性原因

・緊張感

・脱水症

・腫瘍

・先天性奇形

・栄養失調

様々な原因や心的状態がドライマウスを引き起こします。

以前より口の中が渇きやすくなったり不快感が続くなどの症状がある時は、是非早めに受診して下さいね(^^)/

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 虫歯

虫歯の病因 ②食物

食物は虫歯に罹患するかどうかを決める重要因子の1つです。

その中で糖類の摂取頻度が最も大きく関係します。いわゆる甘い物ですが、虫歯になりやすい食べ方と虫歯になりにくい食べ方があるのをご存知でしょうか?

甘い物が好きな方は、『虫歯になるから甘い物禁止‼』なんて言われたら本当に悲しいですよね。ただ事実、甘い物を摂らなくなると虫歯は減ります。

第二次世界大戦中、虫歯の有病率が急激に下がったのです。この理由の1つは砂糖と精製小麦粉が配給制になったために、それ以前に比べて消費量が落ちたことにあります。それに比べてジャガイモ、米、全粒粉パンの消費は多くなりました。

ではそこで、どの様な食べ方をすると虫歯になりにくいのでしょうか。

それは、食事と共に甘い物を食べることです。食事の最後にデザートを頂く。そうすると、虫歯の発症にあまり影響しなかったというデータがあります。

決まった時間に食事を摂り、だらだら食べをしない事。これは虫歯を作らないためにはとても大切なことです。

逆に虫歯になりやすい食べ方とは甘い物をだらだら食べることですね。その中でも粘着性のある甘い物(甘い菓子パンやキャラメルなど)を間食すると長い時間お口の中に食片が停滞しやすく虫歯のリスクがあがります。

ここで、是非知っておいていただきたい事があります。澱粉(デンプン)です。

澱粉はグルコースが何千個もつながった多糖類です。澱粉は虫歯のリスクと大きく関わりがあります。食品製造過程において、高温で熱したり、押し出したり、破裂させたり、ローラーを使って乾燥したりしています。これらの製品には、例えばポテトチップス・チーズスナック・ポップコーンなどがありますが、虫歯の細菌によって容易に酸を作り出すことが出来る食物です。加えて、歯にねっとり付着する特徴を持っていますので、ポテトチップスを摂取すると、糖類を食べる時と同じくらいお口の中が酸性になります。

ここで大事なのは、ポテトチップスは甘くないから虫歯になりにくいのではないか、と思わないでほしいのです。

もしも、ポテトチップスと甘いジュースを同時に摂取するような習慣があると、甘いジュースだけの場合より、虫歯リスクがかなり高くなると言えますね。

次は虫歯を防御する食物です。

食物の中には炭水化物の虫歯誘発効果を軽減するものがいくつかあります。

まずは、チーズです。

チーズは虫歯から防御する成分を高いレベルで含有しています。それはリン酸とカルシウムです。またよく噛むことでさらに唾液の分泌を促し、唾液がよりアルカリ性に傾くので、お口の中の酸を中和してくれます。

チーズで食事を終わらせるのは虫歯予防にとって良い方法で、特にドライマウスの方におすすめです。

また、お茶に含まれているフッ化物は虫歯予防に重要な効果がありますし、お茶類・ココア豆・ワインなどに含まれるポリフェノールは虫歯の細菌が作る酸やポリカッサライド産生を阻害してくれます。

プロバイオティクス(プロデンティス)を歯磨き後の寝る前に1錠摂取するのも効果的ですね。

 

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 虫歯

虫歯の病因 ①微生物

虫歯はさまざまな原因が重なって発生します。

①微生物

②食物

③唾液

④遺伝

この①~④を順にお話していきたいと思います。

 

まず、①の微生物。お口の中には何百種類もの異なる微生物種がいます。主に細菌と真菌です。そして唾液1ml中には1億から10億の微生物が存在しています。

細菌は歯面のバイオフィルム(歯垢)内で蓄積していきます。バイオフィルムはその中の細菌が分裂したり、唾液から新しい細菌が加わったりして成長していきます。この様にしてバイオフィルムは安定した生態系歯面上に作り、多くの細菌の中で最も適応した細菌種が優勢になっていきます。

そして、虫歯になる最も重要な環境因子は砂糖のような発酵性炭水化物と唾液です。糖類を多く摂取すると細菌から歯を溶かす原因の酸の産生が上昇します。また、歯垢もますます増えて歯面にべったりと付いていきます。

唾液は防御因子として働きます。歯垢内の細菌によって産生された酸を薄めて中和する働きがあります。しかし、唾液が出にくいドライマウスの方は唾液の中和効果が低くなってしまいます。

 

虫歯の発症に強く関係している細菌とはどの様な細菌でしょうか。

代表的なのが、ミュータンスレンサ球菌とラクトバチラス菌です。もともと赤ちゃんのお口の中には存在しない細菌です。

では、これらの細菌はどこから感染するのでしょうか?

外界から来た細菌がお口の中で定着する。つまり、他の誰かのお口の中の細菌が源泉になっているのです。ミュータンスレンサ球菌がお口の中で定着するためには繰り返し授受の機会があることです。

例えば、親が味や温度をチェックするために口をつけたスプーンで、ベビーフードを直接そのまま赤ちゃんに与えるなどです。もし、その食べ物が糖類で味付けされていたら感染のリスクはさらに高くなると予想されます。

しかし、ミュータンスレンサ球菌が定着するには、歯も必要です。まだ歯がはえていない赤ちゃんの場合、粘膜表面は常に上皮細胞が剝がれ落ちて新しくなるため、細菌も一緒に飲み込まれてお口の中からいなくなります。ですから、ミュータンスレンサ球菌の定着に最も感受性が高いのは、1歳半から2歳半の間の子供です。

この時期には歯が萌出し、他の細菌種がまだ安定した生態系を確立していないからです。この時期に子供と最も時間を多く過ごすお母さんはその事を十分理解し、気をつけてあげると良いですね。

早い時期にミュータンスレンサ球菌が歯に定着したお子さんは遅い時期に定着または全く定着していないお子さんに比べて、早くからまた多くの虫歯を発症するリスクが高くなります。

また、ミュータンスレンサ球菌とラクトバチラス菌は高齢者に菌数が多く認められるとのデータがありあす。これは加齢と共に唾液の分泌量が減少したり、菌が停滞しやすくなるためです。

 

 

 

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 虫歯