目黒 歯医者/歯科|堀江歯科クリニック 目黒駅徒歩1分 Rotating Header Image

歯やお口の問題を先延ばしされていませんか?

日本歯科医師会が昨年、15歳から79歳の男女1万人を対象に行った「歯科医療に関する生活者調査」によると、日常生活では物事を先に片付ける「対応派」が73.4%と多いが、歯科医院での健診・受診についてはギリギリまで対応しない「先延ばし派」の方が52.7%と多く、「先延ばし派」が「対応派」を逆転し、歯科健診が先延ばしにされている実態が明らかになった。

年代別にみてみると、「先延ばし派」が最も多いのが20代で6割を占めるという結果に。そのうちの6割が自分の歯や口について「健康だとは思わない」と回答。「健康だと思う」という人は3割台にとどまった。20代の「対応派」の35.4%は定期的に歯科医師のチェックを受けているのに対し、「先延ばし派」は12.7%と20ポイントも少ない。しかも、これまで1度も歯科医師の治療やチェックを受けたことがないという人が13.7%もいるという。

(出典:「Dentalism 35 SUMMER 2019」)

 

歯やお口の問題が先延ばしになってしまう要因は様々あると思います。ただ、結論から先に申し上げると、先延ばしにしてしまった多くの方が後悔されているということです。何か歯やお口の問題を感じた時には症状がある程度進行してしまっているケースが多々あります。症状の初期段階では、違和感や痛みを感じない事が多いからです。また、違和感や痛みが出ても、少し様子をみていたら治ったという経験をされた方も多くいらっしゃると思います。それも本当に治っていれば良いのですが、病気が進行している中で一旦症状が出なくなる時期があるというだけの場合も多いので、症状がなくなったからといって大丈夫なわけではない場合が多くあります。

また、お口の中はご自身で直視出来ない場所なので、感覚での判断になることが多いと思います。見えない部分なので病気が進行していても、どうにかしなくては!と思いにくいのもあると思います。見えないところなので尚更、定期健診が必要です。そこで早期発見・早期治療が可能になり、治療自体も簡単に済むことが多く、体の負担も費用面も軽減されます。

20代~30代の方は学校や仕事など忙しく、なかなか健診に行くことが時間的に難しいかもしれません。そしてまだまだ健康を意識することもないかもしれません。ただ、この頃のケアが今後を大きく左右します!人生100年時代といわれる中で、健康寿命を延ばすことは大切です。それには、歯を健康に保つことは必須なのです!

 


 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース