目黒 歯医者/歯科|堀江歯科クリニック 目黒駅徒歩1分 Rotating Header Image

カテゴリ: 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とマウスピース

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは睡眠中にたびたび呼吸が停止したり弱くなることで、十分な酸素を取り込めなくなったり熟睡できなくなったりする病気です。

この病気が原因で、様々な症状が出てくることで、日常生活に支障をきたす場合もあります。また睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病とも深く関係しており、放置すると生命の危険にさらされる恐れもあります。

では、睡眠時無呼吸症候群の症状はどの様なものでしょうか。

◎睡眠中のいびき、10秒以上の呼吸停止、時に呼吸停止が1分を超える場合もあります

◎夜中に目が覚める(途中覚醒)、夜間尿回数の増加

◎起床時の頭痛、熟睡感がない

◎昼間の眠気、倦怠感、居眠り

◎集中力、記憶力の低下

睡眠時無呼吸症候群の原因は寝ている間に、上気道(空気の通り道)が塞がることで起こります。

それを口腔内装置(マウスピース)を装着することで、下顎が少し前に出て舌が上がり、気道が広がることで呼吸はしやすくなります。

マウスピースの種類は上下一体型(モノブロックタイプ)と上下分離型(ソムノデント)があります。

 

上下一体型(モノブロックタイプ)

長所:保険適応されているため製作費用が安価

短所:上下顎が固定されているため、下顎の位置を細かく微調整が出来ない

使用により、不快感や顎関節を痛める時がある

嚥下や咳がうまくできない

上下分離型(ソムノデント)※欧米の主流タイプ

長所:上下分離型で下顎を動かせるため、顎関節に負担が少なく、また嚥下もできる

装置内部にソフトな素材を採用しているため、装着感が良く、着脱も簡便

下顎の微調整ができるため、長期使用しても適切な状況で使用出来ます

短所:保険適応外

 

睡眠時無呼吸症候群の症状がある方はどうぞお早めに受診をされることをお勧めします。

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)と口腔内装置

睡眠時無呼吸症候群(SAS)および、いびきでお悩みの方…多くいらっしゃることと思います(>_<)

近年、口腔内装置による治療が広く認知されつつあり、口腔内装置が閉塞型上気道手術より効果的であるという報告もされています。

口腔内装置には大きく分けて2つの種類があります。上下顎一体型と上下顎分離型です。

スリープスプリントは健康保険適応のものと、上下顎分離型では自費治療で作れるものとありますので、ご自身に適した装置はどれなのか等、お気軽にご相談して下さい(^-^)

 

モノブロック型

 上下顎一体型のスリープスプリントです。

利点

 比較的安価で作ることができる。

欠点

 上下顎一体型なので、装着中に口を開けることができない。

 

 

ソムノデントMAS  SomnoMed社(Australia)

        

 上下顎分離型のスリープスプリントです。従来のモノブロック型の装置のデメリットを解消するこ  とで、快適かつ効果的に治療を行うことができます。

利点

 装置装着中に口唇を閉じることができる。

 個々の患者様に正確にフィットする。

 開口が自由におこなえる。

 会話や水を飲むこと、あくびも自由におこなえる。

 下顎位置の微調整が容易である。

 睡眠試験と合わせて調整状態をモニタリングできる。

 CPAPとの併用が可能

 モノブロック型に比べて、昼間における眠気の改善にも大きく寄与する。

欠点

 モノブロック型に比べ高価である。

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と合併症

前回、自覚症状のお話をしましたが、さらに細かく昼と夜では

どのような症状が現れるかをお話します。

 

昼間 

・日中の眠気(EDS)あるいは疲労感や倦怠感

・記憶障害、認知障害

・起床時の頭痛、頭重感

・起床時の口腔乾燥感

・精神症状、性格変化(うつ、気力減退など)

 

夜間

・いびき

・疲労の回復しない睡眠

・不眠

・頻回の中途覚醒

・夜間の流涎

・夜間の頻尿

・寝汗

・性機能低下(ED)

 

また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の合併症では、

 

・高血圧(通常の2倍)

・心臓疾患(通常の3倍)

・脳血管障害(通常の4倍)

・糖尿病(通常の1,5倍)

・高脂血症

・交通事故など

があります。

大人だけでなく、子供に起こる場合もあります。子供の主な症状は、

 

・大きないびき

・就寝中のあえぎ呼吸、息が止まる

・就寝中のせき

・頻繁に寝返りを打つ

・たびたび夜中に目を覚ます

・夜尿症

・感情的に不安定、衝動的、攻撃的、ADHD様症状

・昼間の眠気

・集中力の欠如

・成長の遅れ

 

特にお子様の場合は就寝時の様子を保護者のかたが注意深く見てあげて下さい。

 

 

 

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

今、新聞やTVでも睡眠時無呼吸症候群のことが取り上げられるようになり、関心が広がりつつあります。

では、どのような症状が現れるのでしょうか?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠障害の1つです。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群Obstructive Sleep Apnea Syndrome)の頻度が最も高く、呼吸に伴う気流が鼻孔あるいは口のレベルで少なくとも10秒以上停止した状態。

推定罹患人口は約200万人(2%弱)と言われています。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群OSASの自覚症状ですが、

①日中過眠(EDS)

②日中の疲労感

③集中力欠如

④睡眠中の窒息感やあえぎ

⑤反復する覚醒

⑥起床時の爽快感欠如

などがあります。

命にかかわる場合もありますので、心あたりのある方は早めの受診をお勧めします。

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:スマイルニュース, 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

当クリニックは東京歯科保険医協会において、睡眠時無呼吸症候群(SAS)口腔内装置(OA)での歯科医科連携医療機関となっております。

気になる症状などありましたらお気軽にご相談ください。

目黒 歯医者/歯科 堀江歯科クリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, スマイルニュース, 睡眠時無呼吸症候群